尿失禁の疑いがあるならすぐ医師に相談しましょう

尿失禁の症状

カウンセリング

尿失禁は特に女性に多く見られる症状の1つとなっています。この尿失禁の原因は、出産や筋肉の低下、ホルモンバランスの乱れなのです。特に40代以上の女性に多く、常に不安を持って生活している人がいるのです。尿失禁はふとした瞬間に尿が漏れてしまうことで、自分でコントロールすることができなくなります。尿失禁には様々な症状が、種類別で対処方法が異なるのです。一番多い症状が、筋肉の低下によって起こる腹圧性尿失禁です。骨盤底筋の筋肉の低下によって起こるもので、膨張した膀胱が下がってしまい、力が入ってしまうことで尿失禁が生じてしまうのです。その他にはくしゃみや咳などのお腹に力が入ることで、尿漏れが生じるケースもあります。骨盤底筋が低下してしまうのでは、妊娠中に胎児の重みによって、骨盤底が下に伸びきった状態になるのが原因だと言われています。しかし、通常なら産後の1年程で治ると言われているのです。しかし、難産の場合、骨盤底にある筋肉が傷ついてしまい、時間が経っても元に戻らなくなってしまうのです。それが原因となり、腹圧性尿失禁を起こしてしまうのです。女性は外尿道口や膣口などのように開く構造が多いなどが原因となって、筋肉を引き締める力が男性よりも弱まりやすいのです。実際は、ほとんどの女性が腹圧性尿失禁を経験しているので恥ずかしがらずに医師に相談してみましょう。そうすることで、尿失禁の症状により医師から改善するための処方箋やアドバイスをもらえます。尿に対しての不安の毎日を変えるために症状がひどくなる前に医師に相談してみましょう。

検査方法

病院

梅毒は近年増えてきている症状の1つで危険な病です。梅毒の検査方法を採血をして、薬品と組み合わせて経過を見て判断するものになります。時間がかかる診断方法ですが、確実に見極めることができるので実際に検診を受けてみましょう。

もっと見る

病院の選び方

ナース

梅毒を改善するために専門の医療機関に足を運びましょう。そして、最新の治療法で梅毒が体から無くなるまで長期的に治療していきます。また、梅毒の知識をしっかりとつけて治療を行なっていきましょう。

もっと見る

女性専用クリニック

診察室

埼玉では、女性専用の泌尿器科クリニックがあり、日々多くの患者が来院しています。また医師も女性ばかりなので、安心して診断を受けることができます。アクセスもよく、都心からでも通いやすい距離にあるのです。

もっと見る